えりも食品株式会社直営【えりもの季(とき)】産地工場直販サイト〜製造・加工から販売まで「一社一環」の味づくり〜

えりもの季(とき)
えりも活蒸し毛蟹

[新物] えりも活蒸し毛蟹(冷凍)
[完売] 訳あり毛蟹

えりもの季,活真つぶ貝

[生きたまま] 活灯台つぶ貝
[生きたまま] 活真つぶ貝
[生きたまま] 活ほっき貝

産直魚介

詳しくはコチラをご覧ください

[NEW] 特々大ぼたんえび(抱卵メス)
[新物] はたはた
[新物] なめたがれい
新物味わいセット
さんま(生食)
真いか(生食)
北海しまえび
ほたて玉冷(生食)
浜茹でつぶ貝(刺身用)
ぼたんえび(生食)
北海道お刺身セット
[今期最終] 海鮮鍋セット
[今期最終] たらちり鍋セット
[完売] 浜茹でだこ
[完売] 訳ありほたて玉冷
[完売] 秋の旬セット
[完売] 年越セット・ミニ
[完売] 船上活〆天然ぶりしゃぶ

田舎の海おかず

詳しくはコチラをご覧ください

いか塩辛
松前漬
[惣菜] 昆布だし酢いか
[惣菜] 灯台つぶやわらか煮
[惣菜] やわらかつぶサラダ
[惣菜] つぶ貝ガーリックバター焼
[惣菜] 銀毛鮭氷頭なます
[惣菜] しゃけ焼き漬け
[惣菜] 海の惣菜詰合セット
[焼] めぬき鯛糀漬
[今期最終] 秋鮭飯ずし
[今期最終] はたはた飯ずし

たらば蟹魚卵

詳しくはコチラをご覧ください

純うに
たらば蟹
ずわい蟹
甘口たらこ
味付数の子・たらこセット
完熟味付数の子
[完売] 塩いくら
[完売] 塩数の子
[完売] 秋鮭すじこ
[完売] 三大蟹 味比べセット
[完売] 切れてる本生ずわい蟹

えりもの季,いくら醤油漬

[名物] いくら醤油漬

定置網の秋鮭

詳しくはコチラをご覧ください

新巻鮭(塩蔵)

おさしみ秋鮭(生食)
おさしみ鮭三種(生食)
道産子やわらかサーモン
秋鮭昆布醤油漬
秋鮭糀漬
さけ茶漬(鮭フレーク)
さけ茶漬ししゃもっ子入
秋鮭切身三種セット
秋鮭たらこセット
秋鮭味めぐりセット
[完売] 朝獲れ本生秋鮭

時鮭と紅鮭

詳しくはコチラをご覧ください

おさしみ時鮭(生食)
おさしみ鮭三種(生食)
時鮭いくらセット
時鮭味めぐりセット
時鮭しゃぶしゃぶ
汐 紅鮭(1尾/姿切身/半身)
紅カマ800g 徳用パック
[完売] 時鮭(1尾/姿切身/半身)

寒干ししゃも,本干ししゃも

本干ししゃも(旧:寒干しししゃも)

干し魚と薫製

詳しくはコチラをご覧ください

鮭とば(鮭寒風干し)
生干ししゃも
一夜干海鮮セット
開きほっけ
金色しししゃも
秋鮭燻製
えりも鮭燻(スティックタイプ)
つぶ燻
ほたて干貝柱
みがきにしん
天然珍味アラカルトセット

昆布匠の日高昆布

詳しくはコチラをご覧ください

日高昆布(天然天日干し)
日高根昆布(天然天日干し)
[完売] 日高昆布Mail(メール)

すぐ出る,アミノ昆布

詳しくはコチラをご覧ください

すぐ出る アミノ昆布

日高昆布のお惣菜

詳しくはコチラをご覧ください

[町民還元品] えりもの春(佃煮)
しぐれ昆布(佃煮)
えりも巻(昆布巻)
浜炊き昆布(佃煮)

昆布加工品海藻

詳しくはコチラをご覧ください

乾燥 寒ふのり
生冷凍 生寒ふのり
まつも
塩こんぶ
純国産 海藻セット
国産 巌のり
三陸産 カットわかめ
日高根昆布醤油
日高根昆布粉末
根昆布茶
根昆布タブレット
とろろ昆布
おぼろ昆布
荒削り昆布

えりもの季(とき) えりもの季(とき)
HOME > 日高昆布
確かな品質をお約束できるのは、産地の昆布匠「えりも食品(株)」だから
日高昆布の全体水揚げの60%が、えりも町産。6月から昆布を干す干場(かんば)を手入れし、7月に漁が始まれば、大人も子供も家族総出で浜から干場に昆布を運んで並べ、天日で乾燥します。天日干しは天候・気温・湿度・風の変化を読み取りながら行い、乾燥した昆布は寝かせて切り揃えてはまた寝かせ、さらに天日にさらします。そして月に一度の集荷に合わせて翌年1月ころまで一枚一枚葉を触り、丁寧に等級分けしながら出荷します。
おかげさまで今では、生鮮食品や加工食品も製造・販売させていただいている当社ではございますが、最初は産地の昆布問屋として創業いたしました。以来、地元の生産者のみなさまのご協力で、全国の企業・団体・百貨店様と、日高昆布の優良品をお取り引きさせていただいております。
日高昆布は「甘く香ばしく、ふくよかな匂いたつ飴色のもの」をお選びする。 それが私たちが培った「目利き」です。
▲日高昆布の昆布採り(かぎ採り/磯ぬき/ねじり)
▲干しやすいように昆布の頭を揃えます(そろき)
▲重ならないように干場(かんば)に1本1本並べます
▲105センチの長さに切り、選り分けます(昆布切り)
▲薄手の早煮用昆布は、おでん・煮物に
▲厚手のダシ用昆布は、昆布巻・佃煮にも
 
 


▲健康づくりに根昆布水を
日高昆布の栄養が凝縮された根昆布は、
 濃厚なだしが取れます
細胞分裂が盛んで成長が早い根昆布は、水に浸したときのヌメリが多く、他の部分(葉の上部・茎)よりも栄養素が多いため、古くから民間薬として利用されてきました。表面を水洗いした根昆布にハサミで切り込みを入れ、一晩水に浸した「根昆布水」は、血圧や血糖値が気になる方々に愛飲されているとお聞きしております。 もちろん、根昆布から出るだしは濃厚。今や国際語となった第五の味覚「umami(旨み)」を、存分にご堪能ください。
 
当社で仕入れた昆布は、湿度や温度を完全管理する「昆布蔵」で静かに寝かせて保管します。商品サイズに合わせて折り曲げたり、切り分けたり、袋詰めするのは浜の母さんたち。大半が昆布漁の従事者(漁師さんの奥さんたち)ですので、日高昆布の状態を見極める目はプロ中のプロ。必要とあらば当社の敷地内で天日干しし、状態を細かくチェックしております。
 
▲小さく切り分けて水の入った密閉容器に入れると「水だし」に
▲使いきれないときは、製氷皿でキューブアイス状に
それぞれの生活スタイルに合った使い方で、「umami(旨み)」のあるお食事を
「だしを取る」と聞くと、ついつい気構えてしまいがちですが、昆布だしの取り方は十人十色です。「60℃のお湯の中で60分間」という説もあれば、「一昼夜、水に浸けるだけ」や「水に昆布を入れたらすぐに火をつけ、沸騰直前で取り出す」という方もいらっしゃる。昆布の量も、「水1リットルに20グラム」だったり、「切り込みを入れて10センチ」だったり。当社では、みなさまの生活スタイルに合わせた「自分流」の取り方でだしをお取りになり、うどん・そば・煮物のみならず、焼きそばの蒸し麺をほぐすときや、おにぎりを握るときなど、お水のかわりにも日常的に昆布だしをお使いいただければと思っております。
もちろん「だしに良し、食べて良し、健康に良し、家計に良し」で知られた日高昆布ですから、ダシを取った後の昆布もさまざまなお料理に用いてお召し上がりください。
▲日高昆布入りポトフ
▲日高昆布入りがんもどき
▲沖縄料理にも多用されます