えりも食品株式会社直営【えりもの季(とき)】産地工場直販サイト〜製造・加工から販売まで「一社一環」の味づくり〜

えりもの季(とき)
セール

詳しくはコチラをご覧ください

活蒸し毛蟹

[人気No.1] 活蒸し毛蟹

えりもの季,いくら醤油漬

[人気No.2] いくら醤油漬

昆布匠の日高昆布

詳しくはコチラをご覧ください

日高昆布
日高根昆布
あっという間に出汁ます

田舎の海おかず

詳しくはコチラをご覧ください

数の子松前漬
帆立松前漬
松前漬
徳用いか三升漬
いか塩辛
やわらかつぶサラダ
つぶ貝ガーリックバター焼
しゃけ焼き漬け
灯台つぶやわらか煮
めぬき鯛糀漬
[完売] 海鮮惣菜セット

定置網の秋鮭

詳しくはコチラをご覧ください

おさしみ秋鮭(生食)
新巻鮭
秋鮭切身
秋鮭昆布醤油漬
秋鮭糀漬
秋鮭切身三種セット
秋鮭味めぐりセット
さけ茶漬

産直魚介

詳しくはコチラをご覧ください

ほたて玉冷(生食)
北海道お刺身セット
浜茹でつぶ貝(刺身用)
なめたがれい

たらば蟹魚卵

詳しくはコチラをご覧ください

ずわい蟹
たらば蟹
完熟味付数の子
>塩数の子
すじこ
塩いくら
甘口たらこ

時鮭と紅鮭

汐 紅鮭(姿切身/半身)
※時鮭は販売休止

干し魚と薫製

詳しくはコチラをご覧ください

NEW 珍味燻製セット
鮭とば(鮭寒風干し)
秋鮭燻製
えりも鮭燻(スティックタイプ)
ほたて干貝柱
生干ししゃも
一夜干海鮮セット
開きほっけ

日高昆布のお惣菜

詳しくはコチラをご覧ください

えりもの春
しぐれ昆布(佃煮)
えりも巻(昆布巻)
浜炊き昆布(佃煮)

昆布加工品海藻

詳しくはコチラをご覧ください

高級海藻 まつも
乾燥 寒ふのり
日高根昆布粉末
根昆布茶
とろろ昆布
純国産 海藻セット
国産 巌のり

えりもの季(とき) えりもの季(とき)
HOME > 会社のご案内 > 沿革
点線
1952年(昭和27年)
有限会社えりも商事を設立(資本金500万円)
昆布・鮭の加工業を始める
点線
1971年(昭和46年)
有限会社えりも食品に組織変更(資本金2,000万円)
主力商品となる昆布巻『えりも巻』を開発
点線
1976年(昭和51年)
通販事業開始
点線
1987年(昭和62年)
第36回全日本水産食品品評会において『えりも巻』が大阪府知事賞を受賞
3月期決算で売上高12億円となる
点線
1988年(昭和63年)
えりも食品株式会社に改組し、山形昌一が代表取締役に就任(資本金6,000万円に増資)
点線
1991年(平成3年)
通信販売事業の好業績に伴い、北海道郵政局局長賞を受賞
点線
1993年(平成5年)
資本金を9,800万円に増資
点線
1996年(平成8年)
リキッドフリーザー(液体による超急速冷凍機)を導入
点線
2004年(平成16年)
北海道が選んだ『北海道の元気企業50社』に選ばれる
山形 弘が代表取締役に就任
点線
2005年(平成17年)
第13回北海道加工食品フェアにおいて『焼きさんま昆布巻き棒鮨』が北海道優秀賞を受賞
点線
2005年(平成17年)
第54回全国水産たべもの展において昆布佃煮『しぐれ昆布』が大阪府知事賞を受賞
点線
2008年(平成20年)
第57回全国水産たべもの展において『灯台つぶ旨煮』が水産庁長官賞を受賞
点線
2010年(平成22年)
えりも食品(株)直営【えりもの季(とき)】産地工場直販オンラインショップ開店
点線
2012年(平成24年)
超急速液体凍結商品の増産のため、リキッドフリーザー1基を追加導入し2基態勢となる
点線
2014年(平成26年)
生鮮工場改修工事と合わせ、工場内殺菌水製造機を導入
点線
2017年(平成29年)
次世代だし昆布『すぐ出る アミノ昆布』(現在は商品名『あっという間に出汁ます』で販売)発売
点線